bird

ライブ

カテゴリ
全体
つくしんぼ保育園(日立市)
Tu邸リフォ-ム工事(かすみがう
Ta邸民家再生工事(石岡)
野草舎森の家保育園新築工事
H邸古民家再生工事(つくば市)
I邸新築工事(つくば市)
STOスワ新築工事(つくば市)
Na邸古民家再生工事(小美玉市)
グループホーム増築(小美玉市)
H様店舗改装工事(石岡市)
I邸新築工事(筑西市)
Se邸新築工事(小美玉市)
Ya邸新築工事(つくば市)
Su邸新築工事(石岡市)
稲荷神社新築工事(小美玉市)
I邸古民家再生工事(つくば市)
S学童会館新築工事(石岡市)
I邸リフォ-ム工事(小美玉市)
はなのわ保育園(ひたちなか市)
Ma邸古民家再生工事(つくば市)
Su邸民家再生工事(石岡市)
K邸新築工事(水戸市)
Y邸外構工事(石岡市)
某保育園増築工事(湖畔の園舎)
K邸増改築工事(小美玉市)
里海邸(大洗町)
H邸古民家再生工事(坂東市)
O邸古民家再生工事(つくば市)
善隣幼稚園改修工事(石岡市)
Nu邸新築工事(石岡市)
島名杉の子保育園(つくば市)
Mi邸古民家再生(城里町)
M動物病院
O邸新築工事(石岡市)
T邸古民家改修(かすみがうら)
Y邸新築工事(阿見町)
Ky邸新築工事(取手市)
S邸(つくばの家)
Su邸古民家再生(石岡市)
Si邸新築工事(小美玉の家)
Ya邸リフォ-ム工事(石岡)
Mi邸新築工事(笠間市)
As邸増改築工事(笠間市)
Y邸新築工事(八郷)
T邸新築工事(かすみがうら市)
大野ひかり保育園増築工事
大野めぐみ保育園増築工事
To邸古民家再生工事(北茨城市)
F邸古民家再生工事H27(笠間市)
O邸 増改築工事(石岡市)
O邸 蔵再生工事(稲敷市)
Iビル改修工事(水戸市)
Y邸 新築工事(かすみがうら市)
K邸民家再生工事(石岡市)
Y邸新築工事(ひたちなか市)
F邸新築工事(笠間市)
S邸改修工事(常陸太田市)
U邸改修工事(石岡市)
ローズ苑いしおか増築工事
T邸門新築工事(かすみがうら市)
KT邸新築工事(石岡市)
N邸新築工事(つくば市)
南高野保育園(日立市)
M認定こども園(群馬県富岡市)
Nファーム新築工事(石岡市)
O邸古民家再生工事(小美玉市)
O邸民家再生工事(筑西市)
K邸蔵再生工事(栃木市)
H邸新築工事(笠間市)
石岡駅前交番新築工事(石岡市)
K病児保育園新築工事(鹿嶋市)
I邸古民家再生工事(土浦市)
M邸新築工事(那珂市)
I邸民家改修工事(龍ヶ崎市)
O邸 東屋新築工事(阿見町)
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

工事中及び設計中の物件をご紹介いたします。
by ykk-project
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
カテゴリ:Y邸新築工事(ひたちなか市)( 12 )
現場から

a0130052_15572525.jpg
まもなく完成をむかえるY様邸。
木製の造作玄関ドアが赤く塗装されました。

a0130052_15593174.jpg
室内も建具が納まり、塗装も完了しています。

a0130052_16121475.jpg
電気設備器具も取付完了です。


(所員:八木)




[PR]
by ykk-project | 2017-02-10 16:15 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
仕上げ工事に入ってきました。
工事は最終工程の仕上げ工事に入ってきました。
現在、壁及び天井の漆喰塗を行っています
a0130052_17084131.jpg
a0130052_17104043.jpg

[PR]
by ykk-project | 2017-01-21 17:20 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から
本日の定例うちあわせのメインはこちら。

a0130052_13401119.jpg

内部左官の塗見本を左官屋さんに作成していただきました。

メーカーによる色見本やパターンでも、あらかじめ確認できるのですが、
やはりそこは手仕事。職人さんによっても風合いが異なってきます。
そこで、各物件ごとに本番前に確認を行います。


木工事もほとんど完了し、内部の塗装がすすんでいます。
そして、このおうちの心臓部を初公開!!リビングの化粧梁です。

a0130052_13410267.jpg

この梁が加工される前の姿が
こちらです!!

これまで保護養生のため包まれていて、目立たなかったのです。


キッチン造作カウンターも完成しました。
(建物の完成のころに固定します。)

a0130052_13411969.jpg

廊下の様子です。
風通しがとてもいいです。

a0130052_13454055.jpg

玄関まわりの縦格子も完成しました。

a0130052_13533604.jpg

年内いっぱい塗装工事が行われる予定となっています。


(所員:八木)





[PR]
by ykk-project | 2016-12-17 13:42 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から
本日現場確認を行ってまいりました。
a0130052_16564830.jpg
待ちに待った階段が設置されました。
これで2階へスムーズに移動できます。

a0130052_16575885.jpg
ではさっそくあがってみましょう。

a0130052_16590704.jpg
長いカウンターが設置されました。

a0130052_17001898.jpg
大容量のしっかりした造り付け本棚になります。(ピントがあまくて申し訳ありません)

a0130052_17014856.jpg
ユニットバスも設置されました。また一歩完成に近づきました。

a0130052_17031402.jpg
(所員:八木)












[PR]
by ykk-project | 2016-12-06 17:04 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から
本日は建具の打合せを中心に現場の確認を行いました。
a0130052_17193155.jpg
2週間前には部材だったものが、すっかり建具枠として完成しました。
丁寧な仕上がりに感謝です。

a0130052_17204132.jpg
杉の羽目板張りです。塗装のノリの良いように室内は白太(シラタ)でそろえてもらいました。
(軒天などの外部には痛みにくい赤身を使用しています。)

a0130052_17224816.jpg
こちらは横に張っています。先ほどの部屋と同じ板ですが、張り方向が違うだけでだいぶ雰囲気が異なります。
(ちなみに漢字の張ると貼るですが、釘を用いると「張る」、接着剤等を用いると「貼る」と使い分けております。)

a0130052_17250935.jpg
軒天の斜め部分と平らな部分の切り替えを桧の造作で加工していただきました。
ピシッと納まっています。
換気孔が黒くて目立っていますが、最後に板部分を黒く塗装しますので目立たなくなる予定です。

(所員:八木)








[PR]
by ykk-project | 2016-11-22 17:29 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から

a0130052_14183700.jpg
外壁のサイディング工事がはじまりました。
今回は無塗装のサイディングに吹付塗装を行う仕上になります。
一般的なサイディングの多くは、すでに仕上げがおわっている塗装品ですが
無塗装のものを選んで吹付塗装や塗壁仕上げにすると
つなぎ目も目立たないうえ、色や風合いを好きなように選ぶことができます。

a0130052_14224115.jpg
建物の中では着々と木工事が進んでいます。
今回の建具は全て造作なので、見せ方や使い勝手、細かい部分の納まりなども入念に打合せをして進めていきます。
3本の引き込み戸用の建枠なので、幅もだいぶ広めで立派です。こちらも無垢の杉材になります。

a0130052_14274528.jpg
パントリーの無垢杉板天井です。
こちらは無塗装仕上の予定です。木質感たっぷりです。

a0130052_14301138.jpg
構造材の見える勾配天井の石膏ボードが仕上がりました。

a0130052_14324002.jpg
押入の天井です。点検口付の部分です。

(所員:八木)











[PR]
by ykk-project | 2016-11-10 14:34 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から

a0130052_10293527.jpg
中間検査が無事合格しましたので、工事はどんどん進んでいきます。
天候にも恵まれて、外部に桧の縁甲板を貼る作業がはかどります。
無垢の板材はそれ自体で呼吸をしますので、収縮や膨張をすることがあります。
それらを最小限に抑えるため、あらかじめ両面から塗装をしたり、背割りの加工をするなど
見えない部分に棟梁の技が光ります。
無垢の板材にもさまざまな種類があり、今回は目透し(隙間)なしのT目地突きつけタイプでお願いしました。

a0130052_10382550.jpg
内部では天井の断熱材が入りました。

(所員:八木)



[PR]
by ykk-project | 2016-10-27 10:46 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
現場から~屋根瓦工事中です~
秋の長雨もようやくひと段落し、この快晴です!

a0130052_15025603.jpg


屋根瓦工事もはかどります。

a0130052_14582203.jpg

天窓もきれいにおさまりました。
(出番を待つ瓦たちに囲まれております。)

a0130052_15003883.jpg

室内から天窓を見上げた様子です。
逆光でわかりにくいですが青空がよく見えます。

所員 八木




[PR]
by ykk-project | 2016-10-12 15:06 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
上棟式を迎えました。
a0130052_1427196.jpg


雨の予報でしたが、さいわい少しも降ることなく無事に上棟いたしました。

a0130052_14282655.jpg


上棟式のスタイルはお施主様、地域、担当する施工者などによって少しずつ異なります。
今回は2階部分に祭壇をもうけてから

a0130052_14295713.jpg


棟梁が四方にお神酒をまきます。

a0130052_14311454.jpg


担当工務店さんによると祭壇に上がるのは5名(男性)と決まっているそうです。

工事の安全を祈願します。


(所員 八木)
[PR]
by ykk-project | 2016-09-12 14:35 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
基礎工事の確認と木材検査に行ってきました。
こんにちは!
今回は新人スタッフが感じた現場での事をご紹介したいと思います。
先日、Y様邸新築工事の現場に上司と同行し、基礎のアンカーボルトの確認と基礎コンクリートの打設に立会いました。
その後、プレカット工場に伺い、土台・柱・梁の構造材の確認に立ち会いました。
材木の樹種と大きさ(断面形状)、割れや反り、死に節がないかを目視で確認し問題なければ、次に
木の含水率を機器を使って測定(含水率20%以下)します。
私はまだまだ新人なので、メモをとるなどサポートをいたしました。現場に同行すると未知な部分多く、
プレカット工場では、工場の職人さんに材種による特性について教わりました。

写真は太鼓梁といって、梁の両サイドを落とし上下は丸みを残した加工法ですが、この梁を確認した際に、この木材の上下はどっちなんだろう」という話になりました。
すると職人さんが、「木の節を見て、節の中心が寄っている方が木の先端側です。」と教えてくれました。
節はもともと小枝が生えていたところで、木が生きている時小枝は上を向いているので節の上側に小枝の芯がくるそうです。
木の育ち方や、育った環境までさかのぼって考えてみると、木材になった状態でもいろいろな情報が刻まれている事が分かり、それらの特徴を理解した上で、適材適所へと木々を扱う木造建築の奥の深さを感じました。

(所員:平澤)

a0130052_13475115.jpg

アンカーボルト位置確認
a0130052_13543843.jpg

基礎コンクリート打設
a0130052_1355565.jpg

[PR]
by ykk-project | 2016-08-29 13:58 | Y邸新築工事(ひたちなか市) | Trackback
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に